ビタミンCのサプリメントの副作用について

サプリメントを使って、ビタミンCを体内に取り入れている人は多いですが、身体に悪影響をもたらすことはないのでしょうか。食品として売られているサプリメントに、副作用はないと思っている人がいます。健康食品であっても、場合によっては健康を害することもあるので注意が必要です。より確実に健康効果を得たいからという理由で、規定量よりも多いビタミンCのサプリメントを飲もうとする人もいます。ビタミンCは別名アスコルビン酸と呼ばれる水溶性ビタミンであるため、多少の過剰摂取であれば、余分なビタミンCは尿と共に体外に排出されます。ただし、一度にたくさんのビタミンCを摂取すると、腸の働き過ぎが下痢を引き起こしてしまったり、吐き気が強くなることもあります。ビタミンCを飲み方をきちんと踏まえて利用している限りは、お肌をきれいにして、身体を健康にしてくれる優れた栄養素です。体に悪いものを食べたり、紫外線を皮膚に浴びたり、ストレスで活性酸素か増えてしまったりと、健康の阻害要因はたくさんあります。ビタミンCには、活性酸素によるダメージを抑える効果も期待できるので、健康な体を維持するために役立ちます。皮膚へと送られるビタミンCの量が少ないと、コラーゲンの効率的な生成が難しくなって、肌の調子が悪くなります。昔から美肌に役立つのはビタミンCだと言われているので、サプリメントによって必要な量を補給しておきたい成分です。ビタミンCは、時間が経つと徐々に失われていきますので、サプリメントだけでなく、食事からも摂取する習慣をつけるようにするといいでしょう。

ビタミンCのサプリメントの副作用について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です